ご近所トラブル

Mr.サンデーを見ていて

80歳を超えた老女が様々な嫌がらせを20年以上に渡って行っていた報道を見ました。民事不介入を言い訳に警察も行政も何もしてもらえないと感じた事は多少ありますが、これは画像などの証拠があるにも関わらずに酷いものです。自転車を盗まれた時など、警察に届け出ても書類を書くだけです。事件の時は少ない情報からでも、犯人を見つける事が可能なのに小さい事件はどうでも良いという感じです。確かに人員に限りもあるので分かりますが、同じ悪い事をした人でも捕まる人と捕まらない人がいることは少し考えものです。些細な悪事も必ずに捕まると分かれば、まだまだ犯罪は無くせるのではないでしょうか。


周囲の無関心も悪い

今日、スーパー銭湯に息子と行ってきました。仮眠も出来る休憩所があって数回、入浴可能なところなのですが・・・・
その休憩所で子供が騒ぎまくっていました。短時間であれば、そんなに気にならないのですが・・・・・ 親も全く注意しないどころか音が鳴るオモチャ迄を持ち込んで遊んでいるので、全くうたた寝どころではありません。周囲の人も小声で「うるせーな!」という声は聞こえましたが、注意して面倒な思いをしたくないので誰も関わりません。よくある事なのですが、ちょっと常識を超えていました。しかし私もその関わりたくと思う人間の一人なので文句も言えませんが・・・・・・


行政関係者に少し権限を

警察もそうですが、もう少し明らかに常識から外れた行為に対して行動出来る様になっていいのではないでしょうか。民事とかプライバシーとの変な囲いはどちらの得にもなりません。少し内容は変わりますが、一時期に問題になった必要以上のクレームへの店員と対応なども責任感もありますが、訴え先と救済してもらえる機関がないのが問題です。マスコミなどで騒げば問題にしますが、問題にならない非常識な事は多くあります。どちらが正しいか判断の難しい内容もありますが、明らかに非常識でおかしい事も正せないのは寂しいものです。もう少し事件は起きてから騒ぐのではなく、予防に対する法整備や世間の雰囲気があっても良いように感じます。



↓ ↓  応援をお願い致します。 ↓ ↓

 

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。